Smarty互換でSmartyより軽量なTemplateLiteを使う

SmartyはPHPのテンプレートエンジンでは最も有名で利用者も多いが重い。

TemplateLiteはLGPLライセンスのSmarty互換テンプレートエンジンでSmartyより早いとのこと。PHP5.1.1でSmartyとのベンチマーク比較を見る限りテンプレートで色々やってると結構差が出そう。

公式に書かれている、「TemplateLiteを使うべき7つの理由(意訳)」

  1. Smartyよりコンパイルが早い
  2. Smartyより表示が速い
  3. Smartyと比較してメモリ使用量が少ない
  4. Smartyの機能のほとんどをサポート
  5. Smartyの代替となる
  6. 各リリースに合わせて機能追加される
  7. 活発な開発プロジェクト

6.の「各リリース」というのはSmartyに合わせてという事かな。気になるなら原文参照。

使い方もSmartyと同じなのでSmartyの重さが気になっているなら丁度良い代替になりそう。ZendFrameworkのViewとして使う場合も、Smartyの部分をTemplateLiteに置き換えればそのまま動作する。

単純なページだとそこまで差が出ないので、純粋にincludeのコストが気になる場合はSimplateなどの PHP Extention なテンプレートエンジンを使った方が良い。

以下ZendFrameworkのViewRenderer用クラス。ZendFrameworkの別テンプレートエンジン使用方法はZend FrameworkのViewをSmartyに変更するにはを参照。

<?php
require_once 'Zend/View/Interface.php';
require_once 'class.template.php';

class Sample_View_TemplateLite implements Zend_View_Interface
{
    /**
     * TemplateLite object
     * @var Template_Lite
     */
    protected $_templateLite;

    /**
     * コンストラクタ
     *
     * @param string $tmplPath
     * @param array $extraParams
     * @return void
     */
    public function __construct($tmplPath = null, $extraParams = array())
    {
        $this->_templateLite = new Template_Lite;

        if (null !== $tmplPath) {
            $this->setScriptPath($tmplPath);
        }

        foreach ($extraParams as $key => $value) {
            $this->_templateLite->$key = $value;
        }
    }

    /**
     * テンプレートエンジンオブジェクトを返します
     *
     * @return Template_Lite
     */
    public function getEngine()
    {
        return $this->_templateLite;
    }

    /**
     * テンプレートへのパスを設定します
     *
     * @param string $path パスとして設定するディレクトリ
     * @return void
     */
    public function setScriptPath($path)
    {
        if (is_readable($path)) {
            $this->_templateLite->template_dir = $path;
            return;
        }

        throw new Exception('無効なパスが指定されました');
    }

    /**
     * 現在のテンプレートディレクトリを取得します
     *
     * @return string
     */
    public function getScriptPaths()
    {
        return $this->_templateLite->template_dir;
    }

    /**
     * setScriptPath へのエイリアス
     *
     * @param string $path
     * @param string $prefix Unused
     * @return void
     */
    public function setBasePath($path, $prefix = 'Zend_View')
    {
        return $this->setScriptPath($path);
    }

    /**
     * setScriptPath へのエイリアス
     *
     * @param string $path
     * @param string $prefix Unused
     * @return void
     */
    public function addBasePath($path, $prefix = 'Zend_View')
    {
        return $this->setScriptPath($path);
    }

    /**
     * 変数をテンプレートに代入します
     *
     * @param string $key 変数名
     * @param mixed $val 変数の値
     * @return void
     */
    public function __set($key, $val)
    {
        $this->_templateLite->assign($key, $val);
    }

    /**
     * 代入された変数を取得します
     *
     * @param string $key 変数名
     * @return mixed 変数の値
     */
    public function __get($key)
    {
        return $this->_templateLite->get_template_vars($key);
    }

    /**
     * empty() や isset() のテストが動作するようにします
     *
     * @param string $key
     * @return boolean
     */
    public function __isset($key)
    {
        return (null !== $this->_templateLite->get_template_vars($key));
    }

    /**
     * オブジェクトのプロパティに対して unset() が動作するようにします
     *
     * @param string $key
     * @return void
     */
    public function __unset($key)
    {
        $this->_templateLite->clear_assign($key);
    }

    /**
     * 変数をテンプレートに代入します
     *
     * 指定したキーを指定した値に設定します。あるいは、
     * キー => 値 形式の配列で一括設定します
     *
     * @see __set()
     * @param string|array $spec 使用する代入方式 (キー、あるいは キー => 値 の配列)
     * @param mixed $value (オプション) 名前を指定して代入する場合は、ここで値を指定します
     * @return void
     */
    public function assign($spec, $value = null)
    {
        if (is_array($spec)) {
            $this->_templateLite->assign($spec);
            return;
        }

        $this->_templateLite->assign($spec, $value);
    }

    /**
     * 代入済みのすべての変数を削除します
     *
     * Zend_View に {@link assign()} やプロパティ
     * ({@link __get()}/{@link __set()}) で代入された変数をすべて削除します
     *
     * @return void
     */
    public function clearVars()
    {
        $this->_templateLite->clear_all_assign();
    }

    /**
     * テンプレートを処理し、結果を出力します
     *
     * @param string $name 処理するテンプレート
     * @return string 出力結果
     */
    public function render($name)
    {
        return $this->_templateLite->fetch($name);
    }
}

そのまんまですが。